news projects exhibition links  
English
next

current
2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008
2007
2006
2005
2004
2003
2002
2001

 

 

 

miyako_ishiuchi
  石内都 「1・9・4・7」より、Housewife 1990 ©Miyako Ishiuchi



グループ展「表現する女たち -6人の眼差し-」


出品作家:石内都、オノデラユキ、杉浦邦恵、鯉江真紀子、蔵真墨、浦上有紀


2016年5月17日 (火) - 6月18日(土)
開廊時間:10:30 - 18:30(土 - 17:30) 日・月・祝日休廊


----------------------------------------------------------------------------------------------


 彼女たちの作品に共通点はほとんどない。生きてきた時代も場所も、カメラも表現方法も異なる。唯一の接点は全員女性であるということぐらいだ。LGBTという性のアイデンティティの多様性を示す言葉が一般化したが、多様性と捉えるならば彼女たちが女性であることは、彼女たちの本質でありながら一方ではその個性を形成する一要素に過ぎない。だからこそ、6人の表現はここまで違っているのだ。このことは歓迎すべき驚きである。
 1976年に「百花撩乱」という女性写真家10人の「男」を対象とした作品による展覧会があった。出品作家の一人であった神林立子は次のように述べている。「女が写真を発表する時、男が語ることは女の写真家の希少価値についてであり、それをぬきにして女の写真を評価はしない(中略)女の希少価値とは無縁に男の中の一人の女ではなく多数の女の中の一人として、女同志のかかわり合いを緊張した関係で経験したことは、意味ある展覧会であったと思う」と。ちょうど40年前のことである。彼女たちはもう「男」を撮る必要はない。題材は自由だ。時代は確実に変化してきた。

追記;2016年5月11日 リリース発行時、「百花繚乱」に関するコメントを誤って石内都の発言としておりました。実際には神林立子によるものでした。引用元の書籍における記載ミスが原因ですが、ここに訂正してお詫び申し上げます。

----------------------------------------------------------------------------------------------


 

yuki_onodera
オノデラユキ 「Transvest」より、Claude 2003 ©Yuki Onodera


----------------------------------------------------------------------------------------------


yuki_onodera
蔵真墨 「KURA」より、丸ノ内線 居眠りしているカップル 2001 ©Masumi Kura


----------------------------------------------------------------------------------------------


yuki_urakami
浦上有紀 「インドシリーズ」より、少年と山羊 2014 ©Yuki Urakami