news projects exhibition links  
English
next

current
2015
2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008
2007
2006
2005
2004
2003
2002
2001

 

 

 

koji_onaka
 「陸前高田」 1991 ©Koji Onaka



尾仲浩二 写真展「海町」


2015年4月17日(金) - 5月30日(土)
開廊時間:10:30 - 18:30(土 - 17:30) 日・月・祝日休廊

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

<関連イベント>

「対談 × 」第2回
尾仲浩二 × 石原悦郎 トークイベント

2015年4月25日 (土)  14:30 〜 15:30 (先着30名・予約不要・立ち見席有)
会場:ツァイト・フォト・サロン (東京都中央区京橋3-5-3 京栄ビル1F)

詳細はこちら>>

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

「海町」は90年代に僕が三陸地方を旅したときの写真です。
そびえ立つ煙突が印象的な宮古から、製鉄所と橋上市場のある釜石へ
広く明るい空にカモメが舞う陸前高田、気仙沼には古き良き時代の町並みがありました。
造船所が並ぶ石巻では山頂の神社から街を眺め、船で鯨の町鮎川へと渡り、さらに金華山へも足を伸ばしました。

2011年の大地震と津波で、そのほとんどの街並は失われてしまいました。
震災の後、何かをしなければいけないという焦燥感に襲われ
僕ができた事はかつての旅の写真をふたたび見直しプリントすることでした。
あたり前の事ですが、20数年前のフィルムに写っていたのは20数年前の町
そこにあった看板、車、犬、猫、空、そして人々
でも、それはもう僕だけの旅の思い出ではなくなってることに気付きました。
そしてどんな写真も同じ定めにあるのではないかということにも。

あれから4年、僕は未だこの海町に向かうことができないままです。

                                         尾仲浩二

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


尾仲浩二(おなか こうじ)

1960年福岡県生まれ。20代から日本各地を旅し自主ギャラリーを中心に活動を続ける。
2000年モノクロームからネガカラーでの撮影になったが、自らのプリントにこだわり暗室作業を続けている。
近年は写真集の編集、出版も手掛け海外での発表や活動も積極的に行っている。

1992 写真の会賞
2002 東川賞新人作家賞
2006 日本写真協会新人賞

<近年の主な個展>

2006 「GRASSHOPPER」ZEIT-FOTO SALON(東京)
 
2007 「DRAGONFLY」中京大 C・スクエア(愛知)

2009 「背高あわだち草・直方」直方谷尾美術館(福岡)

2010 「Tokyo Candy Box」LE PLAC'ART PHOTO(パリ)

2010 「HORSE & CACTUS」EMON PHOTO GALLERY(東京)

2011 「海町」Gallery 街道(東京)

2012 「Koji Onaka」CARRE AMELOT(ラ・ロシェル)

2013 「My favorite 21」Zen Foto Gallery(東京)

2014 「twin boat」ビジュアルアーツギャラリー大阪(大阪)/Zen Foto Galley(東京)

2014 「Lucky cat & Matatabi」 Projektraum Fotografie(ドルトムント)

2014 「The Dog in France」Le 29(パリ)

 

写真集に「背高あわだち草」「Tokyo Candy Box」「slow boat」「フランスの犬」「Matatabi」「海町」「SHORT TRIP AGAIN」など約20冊

 

koji_onaka
「釜石」 1991 ©Koji Onaka

koji_onaka
「釜石」 1991 ©Koji Onaka