news projects exhibition links  
English

     

2014

2013

2012

2011

2010

2009

2008

2007



 

 

■2008年12月12日

柴田敏雄 展覧会
「Still in the Night」


東京都写真美術館 柴田敏雄の個展「ランドスケープ」関連展と致しまして、
双ギャラリー、ギャラリー・アートアンリミテッドでも展覧会が行われます。

会期: 2008年12月13日(土)〜2009年1月25日(日)
時間: 13:00〜19:00 (月・火曜休廊、水・木曜はアポイントによるオープンのみ)
会場 :双ギャラリー
住所: 小金井市緑町2-14-35
URL: http://www.soh-gallery.com

会期: 2008年12月19日(金)〜2009年1月13日(土)
時間: 13:00〜19:00 (日・月曜・祝祭日休廊)
会場 :ギャラリー・アートアンリミテッド
住所: 東京都港区南青山1-26-4 六本木ダイヤビル3F
URL: http://www.artunlimited.co.jp/


大師インター 首都高速道路第2横羽線 1982年
(C)Toshio SHIBATA








 

 

■2008年11月19日

柴田敏雄 展覧会
「ランドスケープ」

会期: 2008年12月13日(土)〜2009年2月8日(日)
時間: 10:00 - 18:00 (木・金は20:00まで)
会場 :東京都写真美術館
住所: 東京都目黒区三田1-13-3恵比寿ガーデンプレイス内
URL: http://www.syabi.com/details/shibata.html


(C)Toshio SHIBATA






 

 

■2008年11月15日

石内都 展覧会
「ひろしま/ヨコスカ」

会期: 2008年11月15日(土)〜2009年1月11日(日)
時間: 10:00 - 18:00
会場 :目黒区美術館
住所: 東京都目黒区目黒2-4-36
URL : http://www.mmat.jp/


(C)Miyako ISHIUCHI






 

 

■2008年11月7日

@ギャラリータグボート企画「タカの部屋」公開トーク
第3回 山本想太郎X鷹野隆大 「サッカーはアートを救えるか」

日時: 11月29日(土)18:30〜20:00(受付:18:00〜)
場所: Book246
住所: 東京都港区南青山1丁目2-6 Lattice青山
料金: 500円
定員: 30名(要予約)
URL : http://www.tagboat.com/event/index.htm
※当日混雑した場合は、立見となる可能性もございますので、お早めにご来場ください。





 

 

■2008年10月29日

鷹野隆大 展覧会情報
「ゆらぎ」

会期: 2008年11月7日(金)〜 11月26日(水)
時間: 11:00 - 19:00
会場 :CALM & PUNK GALLERY (カームアンドパンクギャラリー)
住所: 〒106-0031 東京都港区西麻布1-15-15 浅井ビル1F
URL : http://www.calmandpunk.com/
共催 : ユミコチバアソシエイツ
協力:ツァイト・フォト・サロン


(C)Takano, Ryudai
Courtesy of ZEIT-FOTOSALON, Yumiko Chiba Associates

私たちにとって、時間の流れは一定ではありません。そして、そ の時間の流れは精神状態と密接に関わっているものです。精神状 態の変化と共に速くなったり遅くなったり、伸びたり縮んだりす ることもあります。作家は今回、様々な捉えられ方をする「時間」 に注目し展示を行います。 写真は時間のある一瞬を選択して凍結させたものです。写真を ベースに考える作家にとって、そんな一瞬がつながって生まれた 時間が映像作品です。それは一本の安定した流れではなく「途切 れ途切れの連続体」と言えるでしょう。本展では、これまで断続的に制作してきた映像作品の中から、未 発表の作品を含め、同時期にフランスで開催されるパリフォトの 出品作などを展示します。また、プロジェクターやテレビモニ ターを用いて、空間のインスタレーションを試みる初めての展示 となります。作家の表現の幅を広げる展示となるでしょう。 なまめかしさと優しさが共存する作家独特の写真世界を体験する だけではなく、作家が時間を如何に捉え、表現したのかを体験で きる展覧会です。







 

 

■2008年10月25日

鷹野隆大、屋代敏博、櫻田宗久がDaegu Photo Biennale 2008に参加致します。

「Daegu Photo Biennale 2008」

会期:2008年10月30日(木)〜11月16日(日)
会場:EXCO,Daegu Culture and Arts Center, Daegu Citizen Center, Bongsan Cultural Center
add.:EXCO, 1676, Sangyeok-dong, Buk-gu, Daegu, 702-712, South Korea
URL : http://www.daeguphoto.com/






 

 

■2008年10月24日

殿村任香×櫻田宗久
TONOMURA HIDEKA × SAKURADA MUNEHISA
「AURA le nite Nippon」

赤々舎からの写真集がまもなく発売される 写真家の殿村任香と
スライドトークショーを行います。

日時:2008年11月11日(火) 20時〜
会場:恵比寿 Bar entkukui (エンククイ)
add.:東京都渋谷区恵比寿1-8-7三恵8ビル1F
URL : http://entkukui.jp/
料金:1500円(チャージ&1ドリンク)






 

 

■2008年9月6日

楢橋朝子 展覧会情報

楢橋朝子が個展を開きます。

『アナザサイド/another side』展

会期:2008年9月10日(水)〜12月6日(土)
開館時間:水、木、金曜日、10時〜16時開廊/拝観はメールによる予約制
(但、9月24日、25日、26日、10月1日は休み)
会場:空蓮房
add.:東京都台東区蔵前4-17-14 長応院内
URL: www.kurenboh.com



(C)Narahashi, Asako

今回は初期のモノクロから今に至るまでの通底するイメージを掬いあげ、カラー、シリーズをこえて沈澱するイメージの再構築を試みます。また、もう一つの提示として、対岸に近づいてみる、彼岸と此岸、表と裏など、対立と融合を含めたものとしてインスタレーションを展開します。

対極の論理は常々の立場で現れる。X軸とY軸の相円は掴み難きものである。それでも、生死流転のこの世にありて、一乗の光によって超越して行く事は求道者であろう浮遊者のアスペクトだろうと願って止まない。だからこそ僕はその浮遊の中の臨界に立ってその光を信じたいと思う。/空蓮房






 

 

■2008年8月22日

鷹野隆大 展覧会情報

鷹野隆大が参加する『スティル|モーション 液晶絵画』展が
8月23日(金)から開催されます。

『スティル|モーション 液晶絵画』展

会期:2008年8月23日(金)−10月13日(月)
開館時間:10:00〜18:00 (木・金は20:00まで)
休日:毎週月曜日(休館日が祝日または振替休日の場合、その翌日)
会場:東京都写真美術館
add.:東京都目黒区三田一丁目13番3号
URL: http://www.syabi.com/



展示風景〈液晶絵画 スティル|モーション〉
2008年 三重県立美術館(三重)
(C)鷹野隆大/Takano, Ryudai
 Courtesy:ZEIT-FOTOSALON/
Yumiko Chiba Associates






 

 

■2008年8月1日

@Gallery TAGBOATプロデュース <トーク連載 「タカの部屋」>
http://www.tagboat.com/contents/lifestyle/vol23_takanoheya.htm

第2回公開トーク 笠原美智子 X 鷹野隆大「いい男論」

 東京都写真美術館京都写真美術館事業企画課長の
 笠原美智子氏をお招きし、「いい男」について論じます。
 トークの内容は@Gallery TAGBOATにて掲載されます。

8月9日(土) 18:30〜20:00 (受付:18:00〜)
Book246 東京都港区南青山1丁2-6 Lattice青山 地図
料金: 500円
定員: 30名(要予約・座席指定なし)
お申し込み→ http://www.tagboat.com/event/

企画協力: Yumiko Chiba Associates


takano
アリゾナ/アメリカ(1994年)
(C)鷹野隆大/Takano, Ryudai
 Courtesy:ZEIT-FOTOSALON/
Yumiko Chiba Associates





 

 

■2008年7月15日

楢橋朝子が第24回東川賞国内作家賞を受賞しました

受賞に合わせまして受賞展が開催されます。
『第24回東川賞』展
会期:2008年8月2日(日)−9月2日(火)
開館時間:10:00〜17:30
会場:東川町文化ギャラリー
add.:北海道上川郡東川町東町1丁目19-8
tel:0166-82-4700
URL: http://town.higashikawa.hokkaido.jp/phototown/prize/2008.htm#jpn




narahashi_higasikawanarahashiasako
narahashiicp_narahashinarahashi_higasikawa narahashiasako





 

 

■2008年7月8日

楢橋朝子展覧会情報

N.YのYossi Milo Galleryで楢橋朝子が個展を開きます。

『ASAKO NARAHASHI  half awake and half asleep in the water』展

会期:2008年7月17日(木)−8月22日(金)
開館時間:10:00-18:00
休日:土、日、祝日
会場:YOSSI MILO GALLERY
add.:525 West 25th Street New York, NY 10001
URL: http://www.yossimilo.com/exhibitions/2008_07-asak_nara/

7月17日の18:00−20:00にレセプションを開催いたします。

icp_narahashi
narahashi(c)NARAHASHI, Asako 





 

 

■2008年7月3日

屋代敏博展覧会情報


群馬県立美術館にて開催される「たねとしかけ」展に屋代敏博が出品いたします。

『たねとしかけ』展

会期:2008年7月5日(土)−8月24日(日)
開館時間:9:30-17:00(入館は16:30まで)
会場:群馬県立美術館 展示室1

URL: http://www.mmag.gsn.ed.jp/



icp_narahashi
(c)YASHIRO, Toshihiro  2008





 

 

■2008年6月10日

朝海陽子さんが第9回フォト・プレミオ年度受賞いたしました


朝海陽子さんがコニカミノルタの第9回フォト・プレミオで特別賞を受賞されました。
これに関連して、6月20日より受賞写真展が開催されます。

『第9回コニカミノルタフォト/プレミオ年度賞受賞写真展』

会期:2008年6月20日(金)−6月30日(月)
   ※21日(土)16:00からは授賞式のため展示をご覧頂く事はできませんので
    ご注意下さい。
開館時間:10:30-19:00(最終日は15:00まで)
会場:コニカミノルタプラザ ギャラリーC

URL: http://konicaminolta.jp/plaza/schedule/2008june/gallery_c_080620.html



icp_narahashi
(c)ASAKAI, Yoko





 

 

■2008年6月5日

先間康博写真展情報


2006年『林檎 ニュートンもセザンヌも僕も』展をzeit-fotoで開催した、
先間康博さんの新作展情報をお届けします。

『夜と林檎(Nights and Apples)』

会期:2008年6月28日(土)−8月9日(土)
開館時間:13:00-19:00(日月祝休廊)
会場:GALLERY HAM
オープニング:6月28(土)17:00-19:00

〒464-0075
名古屋市千種区内山2-8-22
2-8-22 Uchiyama Chikusa-ku Nagoya
464-0075 Japan
TEL: +81(0)52-731-9287
FAX: +81(0)52-731-9281
URL: http://www.g-ham.com
Mail: jinno(@)g-ham.com

地下鉄東山線&桜通線・今池駅2番出口を北へ徒歩5分

icp_narahashi
(c)Yasuhiro Sakima





 

 

■2008年5月16日

鷹野隆大トークショー情報


鷹野隆大は昨年一年間、エッセイ「たかのカメラ」をウェブ上で連載し、好評を得ました。
今年は、鷹野企画第2弾としてアート界を中心に様々なジャンルで活躍する、
鷹野がお話を聞いてみたい著名人と対談を行い、タグボートのサイト上にて
公開いたします。
題して[トーク連載 「タカの部屋」]。

第一回目は写真家の港千尋氏をゲストに迎え、公開トークショーを行います。

[トーク連載「タカの部屋」 ]
第1回 公開トーク 港千尋 × 鷹野隆大  「反権力」

放浪の写真家・港千尋氏にカメラという「武器」を手にしたきっかけ、
その効用を尋ねる。また、二人の共通の恩師である「反権力」の
美術批評家、坂崎乙郎氏を偲びつつ、語りあう。

日時: 5月22日(木) 19:30〜21:00 (受付:19:00〜)
場所: BOOK246店内 
東京都港区南青山1丁目2-6 Lattice aoyama1階/tel:03-5778-6899
料金: 500円 (ワンドリンク付)
ご予約: タグボートサイトからお申込みをお願いいたします。
申込みサイトはこちら: http://www.tagboat.com/contents/event/
ご質問・お問い合わせ:0120-39-8618 (タグボートカスタマーセンター)


icp_narahashiバイーア/ブラジル(1992年)
(c)鷹野隆大/Takano, Ryudai
Courtesy of Zeit-Foto Salon/
Yumiko Chiba Associates

情報提供:Yumiko Chiba Associates





 

 

■2008年5月7日

楢橋朝子展覧会情報

楢橋朝子がNYのICPにて5月16日より開催されますグループ展
“Heavy Light recent photography and video from Japan”展に出品致します。


icp_narahashi(c)Asako Narahashi


about HEAVY LIGHT recent photography and video from Japan
日本から発信される写真やビデオアートには、非常にエキサイティングで、かつ個別的な表現が多い。これらは、1990年代に生じたアジアの経済危機以降の新しい世代によるものである。ここ数年の間に、中国はアジアのアートシーンにおいて非常に注目を浴びてきたが、一方で、日本の新世代アーティストの作品も特徴的で無視することができないものばかりである。この度開催されるICPの展覧会は、写真を中心としたここ10数年における日本人アーティストによる作品を紹介する初めての試みである。展示作品の多くは、大きくそしてドラマティックな写真とビデオである。計14名のアーティストの作品が展示され、ICPのギャラリー空間のほとんどを埋め尽くす。

会期:2008年5月16日 〜 9月7日
会場:International Center of Photography (ICP / N.Y.)
   ※カナダほか巡回展あり
初日、18:00より作家によるサイン会が開催されます

詳細は下記をご覧下さい
http://www.icp.org
http://www.icp.org/site/c.dnJGKJNsFqG/b.3962161/




onaka

 

 

■2008年4月18日

尾仲浩二、掲載記事情報

玄光社さんより新創刊されました『カメラ・ライフ』vol.1 に
尾仲浩二の最新作が掲載されております。
雑誌ではなかなか伝わりにくい尾仲浩二のカラーが忠実に再現されております。
是非、一度お手に取ってご覧下さいませ。


『カメラ・ライフ』玄光社 
価格 ¥1,500-
尾仲浩二「暢気カメラ」(撮り下ろし)
p.8〜15

詳細は下記をご覧下さい
玄光社ホームページ
http://www.genkosha.com/sp/2008/04/_vol1_2.html





onoderayukiの2008年4月北京個展

 

 

■2008年4月18日

オノデラユキ個展情報

日時:2008年4月25日(金)〜5月30日(金)
会場:Keumsan Gallery Beijing  北京琴山画廊

未発表作品も含め30点余りの大型作品を広々とした空間に展示いたします。

4月25日の18:00にCIGEの会場から、クムサン画廊までシャトルバスが出ます。

onoderayukiの2008年4月北京個展






 

 

■2008年4月9日

屋代敏博が平成20年度日本写真協会賞新人賞を受賞しました

2008年度日本写真協会賞受賞作品展
日時: 2008年5月30日(金)〜6月5日(木)
    ※11:00-20:00(最終日14:00)
会場:富士フイルムフォトサロン東京
   スペース1&2 FUJIFILM SQUARE(東京ミッドタウン)


屋代
詳細は下記をご参照下さい
http://www.psj.or.jp/psjaward/2008.html

屋代敏博HP「KAITENKAI」
http://www.kaitenkai.com/





屋代展

 

 

■2008年4月9日

鈴木涼子展覧会情報

『Another Voice---WE』展開催


日時:2008年4月20日(日)〜5月3日(土)
会場:上海美術館

コンテンポラリー・アートのシーンで活躍する6名のアーティストによる作品展。
中国、そして異なる文化圏に生きる女性にとっての社会意識や社会的リアリティのあり様を問う。経済革命後の中国人女性アーティストたちは、この社会の現実をどう捉えているのか。そして、異文化に生きる女性たちにとっても、社会的リアリティとはどのようなものであるのか、この展覧会を通して考えてみてほしい。

詳細は下記をご参照下さい
http://www.sh-artmuseum.org.cn/index.asp







 

 

■2008年4月8日

屋代敏博展覧会情報

『トーキョーワンダーサイト(TWS)
青山クリエーター・イン・レジデンス成果発表展覧会』展開催

日時:2008年4月12日(土)〜6月15日(日)
会場:トーキョーワンダーサイト渋谷
出品作家:屋代敏博、マティアス・シャラー、ステファン・ディーン


アーティストトーク:4月13日(日)16:00 - 17:00 (予約不要)
休館日:月曜日(祝日の場合は翌火曜日)
※但し5月6日(祝・火)は開館、5月7日(水)は休館
(5月10日(土)から17日(土)は休館の場合あり)
時間:11:00〜19:00(入場は閉館の30分前まで)
入場料:無料
tel:03−3463−0603

詳細は下記をご参照下さい
http://www.tokyo-ws.org/shibuya/index.html





(c)Miyuki Ichikawa

(c)Fuyuki Hattori

 

 

■2008年3月5日

『7人の写真家―その対立と拒絶』展開催中


日時:2008年3月1日(土)〜3月30日(日)
会場:KEUMSAN GALLERY and TOUCHART @Heyri art valley
出品作家:Aki Lumi、市川美幸、オノデラユキ、金村修、柴田敏雄、楢橋朝子、服部冬樹


詳細はこちら on click


詳細は下記をご参照下さい
KEUMSAN GALLERY
http://www.keumsan.org/bbs/zboard.php?id=ex&no=115

TOUCH ART
http://www.gallerytouchart.com/



 

 

■2008年2月26日

楢橋朝子トークショー開催のお知らせ

浮游する写真
『half awake and half asleep in the water』 (Nazraeli Press)刊行記念
楢橋朝子×笠原美智子 トークショー  進行:畑中章宏



2008年3月16日(日)15:00〜16:30(開場14:30〜)
会場:青山ブックセンター本店内・カルチャーサロン青山
定員:100名様
入場料:500円(税込)電話予約の上、当日ご精算

電話予約&お問い合わせ電話:
青山ブックセンター本店
03-5485-5511

受付時間: 10:00〜22:00
(※受付時間は、お問い合わせ店舗の営業時間内となります。御注意下さい。)
受付開始日:2008年2月26日(火)10:00〜

当日は楢橋さんの写真スライド上映を行います。
トークショー終了後にサイン会を行います。

詳細は下記をご参照下さい
http://www.aoyamabc.co.jp/10/10_200803/half_awake_and_half_asleep_in.html



 

 

■2008年2月12日

屋代敏博展覧会情報

写真ゲーム
11人の新たな写真表現の可能性


Artist Talk 作家トークNo.3 屋代敏博(1)
「対象に依存しない写真ができないか?」
http://www.kawasaki-museum.jp/magazine/blog/exv/cat1/artist_talk/31.html

会期:2008年1月26日(土)〜3月30日(日)
会場:川崎市市民ミュージアム・アートギャラリー
観覧料:一般200円、学生/65歳以上150円、中学生以下無料
主催:川崎市市民ミュージアム
http://www.kawasaki-museum.jp/display/exhibition/art.html



 

 

■2008年2月6日
アート情報誌『VISUAL PRODUCTION 視覚生産』に掲載されました。

2007年10月に上海美術館との共同企画により、同館で開催されました
『JAPAN Caught by camera ―Works from the Photographic art in Japan』に
ついて、 中国人評論家のGu Zhengによる文章が寄せられています。

P114ーP121